WadaQ Web Hisashi Wada Official Web Site
TOP   PROFILE    HISTORY    Q☆blog   GALLERY     LI NK

H I S T O R Y
   
  ■1984年、22歳という「遅咲き」のレースデビュー。
  しかし和田はこのレースでポール・トゥ・ウ インという離れ業をやってのけ、
  鈴鹿シルバーカップレースNSシリーズ(AE86)に旋風を吹き起こす。
  翌年、自己メンテながらいきなり全日本F3選手 権にスポット参戦、フォーミュラの世界を目指す様になる。

  ■87 年には全日本FJ1600クラスへフル参戦、服部尚貴、野田英樹といった強豪を相手に
  鈴鹿・西日本シリーズのダブルタイト ルを獲得。
  同年、最も優秀な新人に与えられる「高橋徹メモリアルトルフィー」を授賞する。

  ■88 年以降は資金難、ノースポンサーによりステップアップする機会を掴めずも、自己資金でF3選手権にスポット参戦する。

  ■しかし89 年後半には(株)カプコンのビッグスポンサーを射止め、
  90年にはF3選手権フル参戦が実現、シリーズランキング3位の好成績を残す。
  同年、 F3世界一決定戦でもあるマカオグランプリに選抜参戦、
  今をときめくミハエル・シューマッハ、ハッキネン、アーバイン、フレンツェン、ミカ・サロ、服部尚 貴らを相手に9位、
  続くユーロ・マカオ富士グランプリでは一人気を吐き、日本人最高の6位をゲットして見せる。

  ■91 年には全日本F3000選手権へステップアップ。
  全日本グループAシリーズにもフル参戦し、フジテレビ主催の「インター テック」のメインキャラクターもこなす。
  後半、椎間板ヘルニアを患い途中断念を余儀なくされるも、92年にはトレーニング治療で再度復帰。
  外人ドライバー のひしめく中、ここ一発の速さを見せるパフォーマンスを見せる。

  ■94 年辺りになると日本の景気も低迷し、バブル経済崩壊と共にスポンサーも撤退。
  そんな中、自らレーシングプロジェクト(有) RQ‘Sを設立し、代表取締役とドライバーの「二足の草鞋」をこなすようになる。

  ■95 年にはN1耐久シリーズの総合シリーズチャンピオンを獲得し、翌年JTCCにプライベートチームで参戦、
  JGTCにもスポッ ト参戦するなど「ハコ車」へ意欲的にアプローチをしていく。

  ■96, 97,98年とFIA鈴鹿1000km耐久レースにヨーロッパチームとのジョイントにより連続表彰台をゲットしてみせた。
  97年以降のJGTCシリーズにあってはランボルギーニ・ディアブロGT−1の開発にあたり、
  GT−500クラスの中にあっては プライベートチームでありながらシングルポジションをゲットするまでに熟成させ、
  「速さ」に加えて開発能力の高さを周りにアピールする。

  ■2000 年は初旬からアメリカの伝統的なレース「デイトナ24時間レース」にも参戦。
  国内のJGTCでは心機一転GT−300ク ラスへ新車「ポルシェGT3R」で参戦し、
  最終戦まで熾烈なタイトル争いを展開するも僅差でクラス2位に甘んじる。

  ■2002年 には再びランボルギーニ車にてJGTCに参戦。
  マシンはディアブロから、2004年にムルシエラゴ へ。
  
  
2003年からスーパー耐久シリーズにも4クラスにてS2000で参戦復帰。

  2005年からJGTCはSUPER GTに改名。
  参戦マシンもそれまでのムルシエラゴから、2007年にはガイヤルドへと移行してゆく。
  
  
S耐も 2005年からST2クラスに移行、ランサーエボリューションを駆り、2008年にはシリーズチャンピオンを獲得。

   
2006年には、この年発足された新カテゴリー『JAPAN LE MANS CHALLENGE/全日本スポーツ カー耐久選手権』
  にも、同じくJLOCからムルシエラゴにて参戦。初年度は2回のみの参戦だったが、最終戦ではクラス優勝を遂げた。


  ■又、バックグラウンドでは、多彩なキャリアとノウハウを 武器 にカー雑誌・チューニング誌の紙面にも登場するなど
  「ワダキュー」のニッネームで幅広い “スピー ドエンターティナー”ぶりを発揮している。

 
Copyright © Since 2004-2012 Hisashi Wada All Rights Reserved.